雪乃お役立ちコラム

女性ホルモンを安定させていつまでも女性らしくいるには

2006年6/18日のあるある大辞典でやっていた情報です。

女性はE=エストロゲンとP=プロゲステロンという2つのホルモンが
バランスよく出ている状態が良い状態です。

正常な月経を迎える条件でもあるわけですし、なんらかの原因により、ホルモンバランスが崩れていると、月経が遅れたり来なかったり、「にせ月経」(排卵がなく血液だけが出る)が来たりするとのこと。

これって女性にとってはちょっとホラー・・・・すごく怖いことですよね?

女性ホルモンを乱す主な要因として、

ストレス 不規則な生活
肥満 極端なダイエット

これらの悪要素があると、ホルモンバランスが崩れている可能性があるそうです。

雪乃も仕事でものすごく忙しくてキーキー言っているときに
生理が一ヶ月来なかったときがあるんですよね、思い当たる節があり、こりゃなんとか
しなきゃ、と思いました。

あるある大辞典の番組では17人の女性が被験者だったのですが、なんとそのうちの
15人がバランスが崩れていて、ある25歳の女性は身体の年齢が65歳と判定されていましたよ。

そして何よりも「見た目の老化」にすぐ現れるので、独身女性にとっては大敵!
(番組に出ていたホルモンバランスの崩れている女性たちは失礼ながらも
実年齢より老けて見えました・・・・・・)

そして若くても更年期障害を起こしてしまうこともあるそうですし、
不妊の原因にもなってしまいます。全ての女性にあなどれないホルモンバランス!!!

でもなぜ人間のカラダはホルモンのバランスを崩したりするんでしょうね?何か意味があるはずです!
・・・・例えばあなたが仕事で極度のストレスをこうむったとします。

そうすると本当は人間は子孫を残すためにホルモンバランスを整えるのが役目なのですが、
生存していくのがやっと・・・という状態に陥ったとあなたの「脳」が判断すると、
生存していく使命より、今をとにかく生きるために身体は必死になりますから
子宮方面へいく良質なホルモンを「とにかく生存するためのエネルギー」にしてしまうんですよね。

自分の身体がいつもギリギリ生存していく状態、、、なんてイヤですよね。 それが結果として老けさせている現象・・・なわけですし・・・・

女性はそもそも欲張りな生き物です!!!

いつまでも若くいたい、でもストレスもたまには被ってしまうだろう・・・
でも若くいたい・・・・・・・・・・

そんなジレンマに勝つためにあるある大辞典は今宵も打開策を提示してくれています。
(いや〜ほんとに助かる番組ですね、心の友〜♪)

番組に登場していたウィメンズクリニックの先生によると
女性ならまず
・基礎体温を測ること

低温期は2週間が正常なのに3週間以上続く人・・・(くずれている)
高温期が10日未満・・・・(くずれている)

基礎体温を計ると、上記のような自分のホルモン状態を 数値で見て知ることが出来るので、まずは基礎体温を計りましょう、とのこと。
己を知れ!ってことね。
まずは基礎体温計を買いましょう

ちなみにテレビに出ていた先生のホームページはコチラ

そしてそして、お待ちかね!
ホルモンバランスが崩れていることがワカッタ・・・・・でもどうしたらいいのかしら〜!?という あるある大辞典の改善策です

■あるある改善策その1

それは・・・脳に直接働きかけること

それはずばり、リラックスできる香りを嗅ぐことだそうです!これならカンタンですよね!
女性は アロマセラピー大好きな人多いし♪
(月経周期の乱れや整理痛にも◎)

アロマで癒されてホルモンバランスを整えて若さを保とう

■あるある改善策その2

女性ホルモンの原料を摂取するべし

DHA EPAなどの不飽和脂肪酸を採りななさいって・・・
ナニソレ?

それは青魚などに多く含まれる成分で、
サバなら切り身三分の一食べればいいんですって。

でもお魚食べるのってなかなか大変・・・・しかしもっと良い食材が!!

それはズバリ、ナッツ類!

中でも特にクルミが一番良いんですって。
女性ホルモンの原料になる不飽和脂肪酸がたっぷりですって。

一日数回にわけておやつ感覚でつまむだけでOK
会社の休憩時間にでもこまめにつまみましょう!

よっしナッツを買いだめしてみなで若くいよう
(※あ、今あたしはホルモンバランス崩れてないわって人には関係ないのですよ)

ホルモンバランスが正常なのか崩れているのかワカラナイよっていう女性は まずは まずは基礎体温計をゲットすべし


もし、今現在が、老け身体だったとしても・・・・・
ナッツを食べていつまでも女性らしくいましょう♪


2006年06月18日 21:47